アキレスから販売されているマットレス!フレアベルの口コミ・評判

アキレス,フレアベル,マットレス,腰痛,高反発

 

アキレスは身体が喜ぶようなマットレスを開発し続けてきたブランドの一つです
アキレスの中でも極上の寝心地を追求し、上質な眠りに拘ったフレアベルが人気を得ています

  • 腰痛や腰の痛みをケアするマットレスが欲しい
  • 良質な睡眠をとってしっかりと疲れを回復したい
  • 優れた耐久性とクッション性の製品が欲しい

こういった方のためにフレアベルは作られ、新素材を40年以上に渡って開発してきたメーカーからの集大成なのです
アキレスの公式サイトだけではなく、Amazonや楽天市場といった大手の通販サイトでも取り扱っていました


フレアベルのメリットは?

 

以下ではフレアベルのメリットをまとめているので、どんな特徴を持つマットレスなのか確認しておきましょう

複数のタイプの製品に分かれている

アキレスのフレアベルは複数のタイプの製品に分かれています

  • フレアベル SUFRE X:ウレタンフォームから気泡にある膜を除去したムマックフォームを採用
  • フレアベル Riacc:睡眠中の身体の動きに合わせて瞬時に反応するノンスプリングスタイル
  • フレアベル SG:2種類のフォームを組み合わせて身体に加わる圧力を適度に分散させる
  • フレアベル EU:身体の動きに合わせて柔軟に変化するヘルシースリーピングユニットを採用

この4種類のマットレスからお好きなものを選択する形となりますが、どのタイプも寝姿勢と寝心地を追求して作られました
身体への負担を抑えながら安らかな眠りへと導いてくれる製品で、ソフトタイプをお探しの方には「SUFRE X」、ハードタイプをお探しの方には「Riacc」「SG」「EU」が適しています

フレアベル SUFRE Xはウレタンフォームの3層構造になっている

肩こりや腰痛といった身体の痛みの悩みを抱えている方には、フレアベル SUFRE Xが良いでしょう
それはウレタンフォームの3層構造になっているのが大きな理由です

  • 外側の肌へと触れる部分は通気性の良い素材のムマックを採用
  • 中間層にはSUFREフォームを採用
  • 一番下には瞬反発フォームを採用

このような構造で適度なクッション性と丈夫な耐久性が生み出されており、身体の各部位に加わる圧力が分散されます
体圧分散力が低すぎるマットレスや敷布団は、睡眠中に下の部位がうっ血して痺れたり腰が沈み込んで不快感が生じたりするので注意しなければなりません

環境に優しい素材のマーブルフォームが採用されている

身体への影響とは直接的に関係性はないものの、アキレスのフレアベルマットレスは環境に優しい素材のマーブルフォームが採用されています

 

 

他のウレタンの製品を利用したリサイクル素材で、エコに気を配りながらも高品質を保っているのがメリットの一つです
素材に拘った腰痛マットレスですし、通気性と保湿性の両方を意識しているので季節に関わらず快適な眠りへと導いてくれるでしょう

フレアベルのデメリットは?

 

フレアベルに限った話ではないものの、マットレスの素材として使われているウレタンフォームには幾つかのデメリットがあります

  • 通気性が他の素材と比べて良くないので熱がこもりやすい
  • 低反発のウレタンは耐久性がそこまで良くない
  • 高反発のウレタンは寝返りが打ちやすい代わりに体重を分散できない

フレアベルマットレスのSUFRE Xは空気や水を通り易くした無膜ウレタンフォームのムマックが採用されており、他のウレタンとは違って通気性は改善されました
それでも、身体を面で支えてくれるボンネルコイルと比べると通気性は悪く、蒸れやすいので暑い夏場に使いにくいのがデメリットです

 

 

しかし、アキレスのウレタンフォームは低反発と高反発の相反する性質を持ち、次世代のフォームとして私たちの睡眠をサポートしてくれます

フレアベルと類似品のモットンとの比較

 

以下ではフレアベルと類似品のモットンを比較してみました
この2つのマットレスには幾つかの共通点があります

  • マットレスの素材としてウレタンフォームを採用している
  • 自然な寝返りをサポートしてくれる
  • 体圧分散に優れていて腰への負担を和らげる
  • 身体をふんわりと押し上げる反発力がある
  • フレアベル SUFRE Xは約43,000円、モットンはシングルで39,800円とコスパが良い

どちらも腰痛や肩こりの症状で悩む方にピッタリで、好みのマットレスを使って眠るのが良いかもしれません
しかし、2つを比較してみて同じような性能でも、耐久性に関してはモットンの方が明らかに上です

 

 

『少しでも長い期間に渡ってへたらないマットレスを使い続けたい』という方のために、モットンは布団を圧縮させる試験方法で8万回の耐久試験に耐えました
寝具業界で敷布団の寿命は約5年間と言われているのに対して、モットンは約3倍の耐久性を誇るのでいつまでも快適な睡眠姿勢を支え続けてくれるのです

 

 

それに加えて、安心の90日間返金保証キャンペーンが取り入れられているのもフレアベルマットレスにはない特徴だと言えるでしょう

  • 実店舗に行かずにマットレスの寝心地を確かめたい
  • 自分の体型に合うのかどうか心配

こういった悩みを抱えている方は、90日間以内であれば自由に返品できるモットンを注文してみてください

フレアベルのコスパはどう?

 

腰痛対策でマットレスを購入するに当たり、価格は安いのか?コスパは良いのか?といった点は気になるポイントの一つです
アキレスのフレアベルは以下の価格で販売されていました

  • フレアベル SUFRE X:42,984円(シングル)、64,584円(セミダブル)、86,184円(ダブル)
  • フレアベル Riacc:42,984円
  • フレアベル SG:49,552円
  • フレアベル EU:216,000円

SUFRE XとRiaccは「デラックス」、SGは「エクセレント」、EUは「グランド」とランクが付けられています

 

 

フレアベル EUは20万円以上もかかるので安いとは言えませんが、その他のマットレスに関しては適度なクッション性と丈夫な耐久性を生み出しているのでコスパはそれなりに良いのではないでしょうか
それに、フレアベルの全てのマットレスには3年間の保証が付いています

 

 

マットレスなので1年間や2年間が経過して壊れるような心配はないものの、購入した際には保証書がセットになっているので日付と購入店の印があることを確認して紛失しないようにきちんと保管しておいてください

フレアベルの口コミや評判

以下ではフレアベルマットレスの口コミや評判の情報をまとめているので参考にしてみてください

・今までの敷布団は硬いせいなのか腰骨の辺りが痛くなっていましたが、フレアベルは横向きでも仰向けでも快適です
・他の体圧分散マットレスと比較してコストパフォーマンスが良い点が魅力的だと思います
・ノンコイルなので柔らかいと思っていたけど想像以上にしっかりとしていた
・個人的にはもう少し硬さがある方が良かったのですが、厚みや折りたためる便利さには満足です
・腰が痛い人にはピッタリのマットレスで、節々の痛みで悩む母にも勧めてみました
・通気性があまり良くないので寝ていて蒸し暑さを感じることが多々あります
・アキレスのフレアベルは高反発の機能も併せ持つので股関節や腰が痛くなる安い低反発マットよりも良いですね
・コンパクトにたためる分には問題ないのですが、重たくなるので女性には少し厳しいような気がします
・大分肩こりの症状が良くなった気がするのでこのまま使い続けていきたいと思います
・3層で構成されていて筋肉に負担が加わりにくい仕様がフレアベルの良いところだと思う

フレアベルマットレスは腰痛持ちにおすすめできる?

 

フレアベルのオーソドックスなタイプのSUFRE Xは、腰痛で悩む方にも適したマットレスです

  • 3種類のウレタンフォーム技術を駆使して身体をサポートしてくれる
  • 優れた体圧分散効果で一部分に負担が加わらないようにしている
  • 脊椎の彎曲が望ましい平坦化で自然な寝姿勢をキープできる

このような特徴を持つ製品なので、薄っぺらい敷布団で眠るよりも腰へと加わる負担を最小限に抑えてくれることがお分かり頂けるでしょう

フカフカで柔らかすぎる敷き布団やマットレスで眠る
⇒腰が沈み込んで背面にかかる負荷が腰に集中する
⇒腰痛の症状が悪化する

と、硬すぎても柔らかすぎても駄目なのです

 

 

そういった点では適度な弾力性を持つフレアベルマットレスで眠れば、腰痛の治療には繋がらなくても症状の悪化を食い止める意味ではおすすめできます
科学的に腰痛の解消効果を持つと証明されたわけではありませんが、SUFRE XやRiaccはそこまで高くないので購入してみても良いかもしれません

関連ページ

アイリスオーヤマ
アイリスオーヤマの高反発マットレスは腰痛に効果的なのか?密度や反発力をチェック♪本当に評判通りかのか検証してみました♪
イオン
イオンの高反発マットレスはコスパが良い!と聞きますが実際にそうなのでしょうか?密度や反発力は良いのでしょうか?検証してみました
エアウィーヴ
高級マットレスブランドとして有名なエアウィーブの商品は腰痛解消に役立つのでしょうか?口コミなどの評判を踏まえてリサーチしてみました
エアロコア(E-CORE)
E-CORE素材を使用した高反発マットレスのエアロコアは腰痛改善に効果的?特徴や口コミ評価などをリサーチしてみました♪
エコラテ
株式会社篠原化学さんが販売するエコラテの高反発マットレスの腰痛効果が気になっている方も多いのではないでしょうか?腰痛対策マットレスとして効果が期待できるかを徹底的にリサーチしました♪
セルプール
セルプールの高反発マットレスは腰痛改善に効果的?独自のウレタンフォームを使用したセルプールマットレスをリサーチしてみました
スリープル(SLEEPLE)
アキレス社がプロデュースする高反発マットレスのスリープルの実力はどうなのでしょうか?激安高反発マットレスは腰痛対策に効果的?
トゥルースリーパー
ショップジャパンさんが発売するトゥルースリーパーは寝心地の良さや価格などから非常に人気の高いマットレスです。本当に腰痛に効果的なのか?検証していみました
ドルメオ
ドルメオは東京西川が取り扱っている人気の高反発マットレスです。ヨーロッパでは定番のマットレスで日本でも多くの愛用者がいますが、腰痛改善効果等は期待できるのでしょうか?
テンピュール
低反発マットレスを日本に普及させたと言っても過言ではないテンピュール。ただ、腰痛持ちにはあまり合っていないと言う意見もあります。テンピュールマットレスの腰痛効果とは?
西川エアー
ネイマール、カズ、田中将大など有名スポーツ選手を使った広告で話題の西川エアーは腰痛改善に効果的なのでしょうか?他の腰痛マットレスとの違いとは?
ニトリ
大手家具メーカーのニトリさんが販売する高反発マットレスは安物買いの銭失い?本当に腰痛などに効果的なのかリサーチしてみました
ムアツ布団
腰痛対策マットレスとしてムアツ布団を検討されている方も多いと思います。コスパ面や体圧分散など本当に腰痛改善効果があるのかをリサーチしてみました♪
アスリープ
トヨタグループのアイシン精機が作り出すマットレスブランドAsleep(アスリープ)の腰痛効果はどう?コスパや寝心地などを徹底的にリサーチしてみました♪
ボナノッテマットレスは腰痛改善に効果的?本田選手も愛用?
サッカーの本田選手が広告塔を務める高反発マットレスのボナノッテ。素材は帝人製のファインセルで販売代理店は西川産業さんです。本田選手の知名度もあって気になっている方も多いと思いますが、腰痛改善効果は期待できるのでしょうか?
スリープマジック(ライズ)
ライズTOKYO株式会社が発売するスリープマジックはオリンピックメダリストの高橋尚子さんがイメージキャラクターの高反発マットレス。腰痛マットレスとしての効果はあるのでしょうか?
スリープオアシス(ライズ)
ライズTOKYO株式会社のスリープオアシスは腰痛対策に効果的と言えるマットレス?客観的にリサーチしてみました
エムリリー(Mliliy)
低反発でも高反発でも無く優反発と呼ばれる反発力で人気のエムリリー(Mliliy)は腰痛改善に効果的?口コミや商品情報を徹底的にリサーチしてみました♪
C-CORE
C-OCRE素材を使用した高反発マットレスは腰痛改善に効果的なのか?反発力や体圧分散はどう?腰痛持ちに自信をもってお薦めできる?
キュービックボディプレミアム(ユニチカ)
ユニチカの人気マットレスキュービックボディプレミアムは腰痛対策として効果的?コスパやその性能についてまとめてみました