ラテックスマットレスの特徴とは?

 

ラテックスマットレスは様々なメーカーから販売されています
天然ゴムの樹脂100%を原料としているのが特徴で、低反発でも高反発でもない正反発の製品も現在では登場しました

  • 低反発マットレス⇒衝撃を吸収する力が強くて体圧分散性と寝心地を追及している
  • 高反発マットレス⇒体圧分散性と寝返りの打ちやすさを追及している

マットレスは種類によって上記の特徴がありますが、正反発のラテックスマットレスは重さと同じ比率だけ沈んで同等の力で内側から反発するのです
天然ラテックスの含有量が80%を超えていれば、天然ラテックスを原料としているマットレスとして販売できます

 

 

しかし、ラテックスの良さを追求したマットレスが欲しいのであれば、100%の製品を探して購入するのが良いでしょう
ヨーロッパの高級ホテルの半数近くがこのラテックスマットレスを使っているほど世界的に有名で、日本でも少しずつ浸透し始めました

ラテックスマットレスのメリットは?

 

このページでは、ラテックスマットレスにどんなメリットがあるのかご説明しています
『素材の含有量はどのくらいなのか?』
『価格はどの程度なのか?』

とメーカーの製品によって異なりますが、大まかな特徴についてチェックしておいてください

 

身体を支える体圧分散の力が強い

ラテックスマットレスには、身体中に均等に圧力を分散する体圧分散の力が強いメリットがあります
普通に仰向けで眠ると肩や腰など出っ張っている部分に圧力が集中するのに対して、体圧分散性に優れたマットレスの上で眠れば他の部位へと均等に分散してくれます

  1. 腰痛や肩こりなど身体の節々の痛みで悩んでいる
  2. 寝心地があまり良くなくて熟睡できない日々が続く
  3. 寝返りが多くて夜中に目を覚ましてしまうことが多い

こういった悩みを抱えている方にラテックスマットレスは適しており、身体全体を包み込んでくれるような感覚で毎日の睡眠が可能です
天然ゴムの木から取れる樹液に発泡剤を加えて正反発のマットレスに仕上げているのが理由で、睡眠中の背骨のラインを一定に保ってくれます

 

 

肩こりや腰痛を改善するためにストレッチやエクササイズへと取り組んでいる方は多いものの、普段から使っているマットレスや敷布団の種類にも気を配ってみてはいかがでしょうか

適度な寝返りの回数を睡眠中に維持できる

体圧分散性に優れているのが理由で、ラテックスマットレスは適度な寝返りの回数を睡眠中に維持できます

  • 寝返りが多い⇒睡眠中に目を覚まして熟睡しづらくなる
  • 寝返りが少ない⇒睡眠のスイッチのレム睡眠とノンレム睡眠を上手く切り替えられない

上記のように寝返りは多すぎても少なすぎても身体に良くありません

 

 

熟睡のためには適度な寝返りが必要となり、それを促してくれるマットレス選びが重要なのはお分かり頂けるはずです

耐久性と抗菌性が高い

ラテックスマットレスを普通に使用していれば10年間が経過しても変形せず、耐久性が高いメリットを持っています
抗菌性能も高く、大腸菌やブドウ球菌を24時間以内に殺菌でき、ラテックスが天然の抗菌効果を持っているのが理由です

 

 

定期的なクリーニングは必要でも、カビやダニの発生を寄せ付けないのでアレルギー症状で悩む方にも適しています
しかし、耐久性に関してはメーカーの製品によって違いがあるので注意しなければなりません

  • ゴムの樹液の質が悪い
  • 発泡剤の攪拌が十分でない
  • 発泡過程で手抜きしている

こういった理由で耐久力が低下しやすく、どのマットレスに関しても選び方が大事です

ラテックスマットレスにデメリットはある?

 

次にラテックスマットレスにどんなデメリットがあるのか見ていきましょう

  • 購入した当初は製品によってゴムの臭いがする
  • 紫外線に弱いので日光に直接当てると劣化が早くなる
  • 洗濯すると変形しやすいので丸洗いはNG
  • 睡眠中にかく汗を吸収する吸湿性に欠ける
  • 通気性が悪いのでダニやカビが内部で発生しやすい

通気性の悪さに関しては高い抗菌作用でカバーできています

 

 

しかし、陰干しを怠ってジメジメした場所で放置しているとラテックスマットレスでもダニやカビが発生しやすく、アレルギー性喘息や鼻炎の原因となるので市販のスプレー製品などで対応してください

ラテックスマットレスと類似品のマニフレックスの比較

 

ラテックスマットレスとマニフレックスのマットレスは、両方ともヨーロッパで訪問販売を中心に口コミで広がっています

  • 体圧分散効果で睡眠中の血流を促進して腰痛や肩こりの緩和に繋げる
  • 身体にしっかりとフィットして沈み込まない
  • 正しい寝姿勢をキープしながら適度な寝返りを促す

このような共通点があり、ラテックスマットレスは正反発でマニフレックスのマットレスは高反発という違いがあるものの、睡眠をサポートしてくれる点では一緒です

 

 

2つの製品を比較してみて、類似品のマニフレックスマットレスの方が通気性に富んでいます
中でもオープンセル構造のエリオセルにアナトミカルエアホールを施したマニオリンピアは通気性が高く、シングルサイズで約56,000円とコスパも良好です

 

 

マニオリンピアは12年保証、その他のマニフレックスマットレスにも長期保証制度が取り入れられているので気軽に使ってみてはいかがでしょうか

ラテックスマットレスのコスパはどう?

 

ラテックスマットレスのコスパは購入するブランドによって違います
楽天市場で10,000円以内と格安の価格で販売されている製品から、厚みがあって10万円以上もかかるハイグレードラテックスマットなど豊富です
マットレスの素材としてラテックスを使っている点では変わりありません

 

 

しかし、原料の含有量やコスパには違いがあるので、どの程度の料金なのか調べて自分なりに比較してみてください
とは言え、上記でもご説明したようにラテックスマットレスは10年間に渡って使っても変形しない耐久性の高さが魅力です

 

 

へたるのかへたらないのかは使い方によって異なるものの、他の素材と比べて比較的長持ちしやすいと思います

ラテックスマットレスの口コミや評判

 

ラテックスマットレスが口コミでどのような評判を得ているのか見ていきましょう

・ソフトな触感ながら高い反発力で身体への負荷を和らげてくれるのが良い
・疲れて帰ってきてベッドへと寝転がる瞬間が幸せだと思いました
・朝までトイレで目が覚めることが少なくなりました
・通気性が悪いので夏場のお手入れが少し大変だと思います
・寝起きに肩が痛くなかったのでビックリしている
・ラテックス素材のマットレスや枕は料金が少し高いから迷う
・隣で寝返りを打たれても気にならないので夫婦一緒に熟睡できています
・健康に良いマットレスなのは嘘ではない気がするが腰痛の症状は改善されていない

ラテックスマットレスは腰痛持ちにおすすめできる?

 

ラテックスマットレスは体圧分散性に優れた製品なので、そういった意味では腰痛持ちの方が試す価値はあります

  • 朝起きた時に腰の付近に痛みを感じる
  • 駅の階段の上り下りが辛い
  • 身体を後ろに反らすストレッチをすると痛い
  • お尻の付近が痛くてたまに痺れを感じる
  • 洗顔をする際に前へと屈むことができない
  • 大きな咳やくしゃみをすると腰辺りに響く

特にこういった症状が日常生活で出ている方は腰痛の症状が悪化しているサインかもしれません

 

 

腰痛が悪化する要因の一つが毎日使用する敷布団やマットレスなので、優れた体圧分散性で身体に加わる圧力を複数の場所へと分散するラテックスマットレスを利用するのは選択肢の一つです
体圧分散に加えて背骨の自然なS字カーブを保持できるような相性の良い製品で眠れば、肩こりを中心とする痛みの緩和にも繋げられます

 

 

しかし、ラテックスマットレスが一番腰痛マットレスとしておすすめできるかと言うとそうでもありません
マットレスには合う合わないがありますので100%との話は出来ませんが、腰痛改善マットレスとしてはやはりウレタン性の物が良く使用されていて実際に人気がありますし、硬さを通気性を求める方はエアウィーヴやブレスエアーの様な繊維質系のマットレスがお勧めです

 

 

寝心地などは個人差がありますので気になったものがあれば返金制度があるものから使用したり、試し寝をするのが良いかもしれませんね
あと、激安系のラテックスマットレスは同じラテックスと言っても品質が悪い物が多いのでとりあえず買うと言ってもあまりお勧めできませんね

関連ページ

ヘタらないマットレス
せっかく買ったマットレスがすぐにヘタってしまったなんて経験をされた方は多いと思います。ヘタらない耐久性の高いマットれすを選ぶ為のポイントをお伝えします
マットレスの復元率とは?
ウレタンフォームのマットレスを見る時に復元率はしっかりチェックしていますか?粗悪なマットレスを購入しない為にチェックしたい復元率とは?
寝返りが打ちやすいマットレスとは?
寝返りの回数が多すぎたり、少なすぎると寝ている時に十分に体を休める事が出来ません。理想的な寝返りを打てるマットレスとはどのような条件が必要なのでしょうか?
尾てい骨痛を解消する
朝起きた時に尾てい骨が痛い…という方は今使用している布団やマットレスなどの寝具が原因かもしれません。痛みを解消する寝具選びのポイントをお伝えします