腰痛対策や睡眠の質を上げるためには寝返りが需要

モットン寝返り

 

腰痛対策だけでなく、熟睡して睡眠の質を上げるためには寝返りが非常に重要になります
朝起きた時に『体が軽い♪』と感じている時は睡眠中に十分な寝返りが打てていて熟睡できている証拠

 

 

就寝中の理想的な寝返りの回数は一晩で20〜30回程度と言われています
寝返りの役目は血液やリンパの循環の促進と筋肉疲労の回復なのですが、寝返りの回数は多すぎても少なすぎてもイケません

寝返りの回数が少ない場合

体が沈み込む性質を持っている低反発マットレスなどは寝返りが少なくなる傾向があります
寝返りの回数が少ないと、特定の箇所(背中、腰部、お尻など)に負担が長く集中して筋肉疲労が蓄積しやすくなります
また、リンパや血液循環も悪くなりますので眠りが浅くなります

寝返りの回数が多い場合

硬すぎるマットレスや体圧分散が上手くできていない寝具を利用すると体の特定箇所への負担が多くなり、寝返りが多くなる傾向にあります
簡単に言うとフローリングで寝た時って体の特定箇所がすぐに痛くなりますよね
その状態だと体はより負担の無い姿勢を取る為に寝返りの回数を増やします
寝返りの回数が増えると睡眠中に目が覚めてしまったりと熟睡できなくなります

自分の寝返りの回数は一晩中ビデオカメラを設置していない限り分かりませんが、症状としては朝起きた時にすっきりしない感覚が合ったり、腰周辺に鈍痛を感じるなどがあり、経験がある方は寝具が合っていない可能性があります

 

 


モットンはなぜ寝返りが打ちやすい?

モットン寝返り

(モットン公式サイトより引用)

 

腰痛マットレスのモットンが腰痛対策マットレスとして人気が高いのは自然な寝返りをサポートしてくれる点にあります
モットンのマットレスが自然な寝返りをサポートする理由は3つ

高反発且つ自分に合った反発力を選ぶことが出来る

自然な寝返りを打つ為には高反発マットレスがお勧めなのですが、高反発であれば何でも良いと言うわけではありません
自分に合った反発力のマットレスを使用する事が大切
モットンは体重が軽い方向けの100N、標準体重の方向けの140N、体重が重いまたは筋肉質の方向けの170Nまで幅広く反発力を選ぶことが出来ます

体圧分散に優れているので余計な寝返りが増えない

モットンは独自のウレタンフォームを使用しており、体圧分散に優れているマットレスです
反発力と同じ位大切なのが体圧分散
人間の体はまっすぐではない為、寝た時にはどうしても頭、背中、腰部、お尻への圧力が大きくなります
圧力をまんべんなく分散する事で余計な寝返りの回数が少なくなります

しっかりとした厚みで底付き感が無い

モットンの厚みは以前8pでしたが、リニューアル後は価格は変わらずに10pになっています
8pでも底付き感は少ないのですが、10pもあれば底付き感は全くありません
また、厚みが増す事で耐久性がアップしヘタりにくくなりますので、知らない間にマットレスがヘタっていて腰痛が悪化すると言う可能性も低くなります
底付き感があるとどうしても体が痛くなる為、寝返りの回数が増えやすくなります

 

 

モットンは腰痛が改善したと言う声以外にも
『目覚めが良くなった♪』
と言う口コミも多くあります

 

 

これは自然な寝返りが打てることでより熟睡できている証拠
管理人もモットンに変えてからは寝つきも良くなりましたし、深夜に目覚める回数がかなり減りました^^
腰痛持ちの管理人が実際にモットンで寝てみました♪

 

 

上記の3点を持っているマットレスは他にもありますが、まず試す事が出来る(返金制度がある)マットレスは他にはめったにありませんので自然な寝返りを打てるマットレスを探していると言う方は一度モットンを試してみてはいかがでしょうか^^