左側に集中する腰痛の原因と解消法

左側の腰痛の原因と解消法

内臓のどこかが原因 そして解消法

内臓が腰痛の原因の時は、早めにどこの臓器が原因なのかをはっきりさせないと、腰痛が酷くなるというよりも内臓の機能が衰えて、命にかかわることも考えられます
ですから早めに動くことが大事になってきます

 

「内臓が原因の時の痛み方」・・・急激な強い痛みがある・身体を動かしても痛みの強さが変わらない・薬や湿布などで対処しても長期間痛みが変わらない・身体を横にしても(寝てる状態でも)痛みが全く変わらないなどが考えられます

 

「どの臓器が原因なのか?」・・・左側にある内臓が主な原因です
それは、心臓・胃・腎臓(左右にあります)・膵臓・脾臓・小腸・大腸・婦人科系の臓器です どの内臓かは病院での検査をしないとはっきりはわかりません 多くは左にある内臓ですが、まれに右にある内臓・・・肝臓・胆嚢・十二指腸などが原因の時にも左側に腰痛が出ます

解消法について

原因となる内臓を病院で治療することです 左側に腰痛が出る事で有名な臓器は、尿管結石・膵炎があげられますが、いずれも病院での検査をしないとはっきりと腰痛の原因と断定はできませんし、治療も出来ません

 

もし、病院での検査で異常がない、あいまいではっきりしない時は出来るだけ身体を温めて、血流を良くするように心がけておきましょう 内臓から下は常に温めておくと老廃物が排出されやすくなり、身体の回復力がつきやすくなります

身体の使い方が偏っている(歪み)、その時の解消法

歪みが発生する原因はかなり多いので断定はできませんが、日常生活で左右の偏りがある動きを見ていきます

 

パソコン・歯磨き・カバンの持ち方・靴の履き方(決まった足から靴を履く)・スマホ・ペンの持ち方・足の組み方などがあげられます
右利きの人が多いから当たり前じゃないか!と思いますよね
でも偏りがあることは事実です 日常よりもさらに特殊な条件だと、ゴルフ、野球などの左右の差がはっきり出るスポーツは、身体を鍛えている選手でも故障で悩まされている方はいますよね?
それだけ、左右の偏りがあると腰痛になりやすい条件が整っているのです

解消法について

出来るだけ左右差をなくすことです
仕事上やらなければならない事は除いて、カバンの持ち方、靴の履き方、足の組み方などは左右を交互にすることは出来そうですね
そして、腰痛の時に左だけの固さが自分でわかる時は、左を中心にストレッチをすることがいいでしょう
ただし、右側を全くストレッチしないとなると右の固さをカバーしようとして、左が自然に硬くなる可能性もあるので痛みが無い右側も適度にストレッチをやっておきましょう

神経の圧迫と解消法

坐骨神経痛が神経の圧迫で出ている腰痛です この坐骨神経は腰椎(腰の骨)から出ている人体で一番太い神経で親指ぐらいの太さがあると言われています。その神経が腰からお尻を通り太ももの裏、スネ、ふくらはぎを経由して足の裏まで繋がっています

 

ですから、おおもとの腰の部分の坐骨神経が圧迫されていると、腰から下全てが痺れてそれが左側に出るとずっと痛みが続く場合があります
この坐骨神経痛は神経がどこで圧迫されているかがわからないのが一番の難しい所です 病院で検査を受けて全てわかるのであれば坐骨神経痛で苦しむ人はいないでしょう
接骨院、整体などでもしっかりした技術を持っているお店であれば解消までの道のりは短くなりますが、生活習慣を見直さないと長期間苦しむことになる場合が多いです

解消法について

主に痺れが強い場所の周辺の筋肉が固くなっているのでそこから腰に向かって坐骨神経が通っていると思われる場所をストレッチで伸ばす習慣をつけて、良く温めて血流を良くしておくのが良いでしょう

 

湿布を貼ると一時的には痛みが無くなりますが、湿布は血流を悪くする働きがあるので、その場しのぎになります よく考えて使いましょう


関連ページ

整体やカイロプラクティックの腰痛改善効果
腰痛改善の為に整体やカイロプラクティックなどに通う方は多くいらっしゃいます。しかし、本当にそれらは腰痛解消に効果的なのでしょうか?
マットレスの変更は腰痛に効果なし?
腰痛解消ために高反発マットレスを使っているけど、なかなか効果を感じない…と言うのは何か理由があるのでしょうか?よくある理由をピックアップしてみました!
腰が痛すぎて目が覚める
腰痛がひどすぎて目が覚めてしまう…と言う程つらい腰痛。何がその腰痛を悪化させているのでしょうか?また解消するために為は具体的に何をすべきなのか?
腰痛がひどくてセックスが出来ない
腰痛がひどくてセックスが出来ない…そんな方もいらっしゃると思います。特に20代後半、30代と小作り世代に多い腰痛。腰痛の為のおすすめの方法とは?
腰痛の放置によって掛る疾病
たかが腰痛を思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、本気で改善しないとどうなるかご存知ですか?腰痛は病気の入り口になる症状ですので早めの対処が必要です
腰痛になりやすい仕事とは?
腰痛になりやすい仕事とは?現代社会に腰痛が多い理由は仕事にも原因があった?腰痛持ちが多い仕事対策と原因をお伝えします
背中の痛みに
寝ている時に圧力が集中しがちなのが腰だけでなく背中。起きた時に背中が痛い…と言う方にも高反発マットレスはおすすめ♪その理由とは?
不眠の原因はマットレス?
なんだか最近ちゃんと眠れない…色々熟睡できる様に試しているけど、効果が無い…と言う方はマットレスが原因で不眠になっているかもしれません。不眠とマットレスの関係とは?
目覚めが悪い…
なんだか最近朝の目覚めが悪い…と言う方は寝具が合っていないのかもしれません。マットレスの見直しで睡眠の質を上げる方法をお伝えします
洗面台で顔を洗うのもつらい…
腰痛が慢性化して洗面台で顔を洗うのもつらい…特に朝は腰痛がひどくて鈍痛が続く方は多いと思います。そんな悩みの方におすすめの腰痛対策をお伝えします
ぎっくり腰が慢性化してつらい…
ぎっくり腰が慢性化してつらい…ちょっとした腰の動きでもまたぎっくり腰が慢性化しないか気になると言う方はどうやってぎっくり腰を予防すればいいのでしょうか?
ジム通いでも腰痛が治らない
ジム通いをしても腰痛が治らないと言う方は少なくありませんが必ずしもジム通いをして腰痛が治るわけではなく、悪化する方もいます。ジム通いで腰痛が治らない原因とおすすめの腰痛対策をお伝えします
ずっと座ってられないほどの腰痛
腰痛がつらくてずっと座っているのもつらい…デスクワークで腰痛の方はこのような悩みを持っている方も多いと思います。慢性化した腰痛の改善策とは?
介護職の腰痛
介護職の腰痛持ちは死活問題です。仕事に支障が出るほどの腰痛はすぐにでも改善したい…腰痛症を短期的、長期的に改善する為の方法をお伝えします
トラック運転手の腰痛
トラック運転手は長時間の運転によって腰痛を引き起こしやすい状態にあり、悩んでいる方も多いと思います。トラックドライバーの為のおすすめ腰痛解消法をご紹介します
腰痛にロキソニンが効かない
腰痛がひどくてロキソニンやボルタレンなどの痛み止めを飲んでいるけど、効き目があまりない…と言う方は対処法を間違っているかもしれません。その理由と腰痛解消法をお伝えします
腰痛ブロック注射は痛い?
腰痛を短期間で改善する為にブロック注射を考えている方が気になるのがその痛みですよね…実際の管理人の体験談等を踏まえて正直にお答えします
腰痛で足がしびれる?
腰痛がひどくなって最近足のしびれを感じる…大丈夫かな…。腰痛による足のしびれの原因と治し方と予防法とは?足のしびれを感じたら、早めの対処が大切
タバコと腰痛
タバコは百害あって一利なしと言われるほど体に悪い物ですが、腰痛にも良くありません。慢性的な腰痛持ちの方はタバコを辞めると良くなるかもしれません
手術をしたら腰痛は完治する?
慢性的な腰痛に悩んでいる方や激しい痛みの腰痛を持っている方はいっそ手術で治そうか…と悩んでいる方もいると思います。ただ、一方で手術をしなくても腰痛は解消すると言われる事もありますよね。本当に手術をすれば腰痛は完治するのでしょうか?
アリナミンの腰痛効果
つらい疲れや腰痛に効果があるとされるアリナミン。アリナミンの口コミや副作用について調べてみました。
フォークリフトで腰痛…
仕事で毎日フォークリフトを運転される方は腰痛対策が必要です。フォークリフトでの腰痛の原因とおすすめの対策をまとめました
背中痛とマットレス
朝起きた時に背中が痛む原因とマットレスの関係とは?背中痛の原因は様々ですが、寝具があっていない事が大きな原因かもしれません
タクシードライバーの腰痛対策
長時間運転するとどうしても腰に負担が掛り、腰痛を引き起こしやすくなります。タクシー運転手の職業病とも言うべき腰痛の予防改善方法をご紹介します
反り腰の原因と対処法
腰痛には様々な痛みがありますが、反り腰に悩んでいる人も多いと思います。反り腰の原因と対処法についてまとめてみました
内臓性腰痛かを確認したい
腰痛の原因の多くは筋肉疲労や神経の痛みですが、内臓の病気が原因で腰痛になっている場合もあります。早めの対処が出来る様に通常の腰痛との違いを把握しておきましょう
慢性腰痛と急性腰痛の違い
慢性的な腰痛と急性的な腰痛、それぞれの原因と対処法をお伝えします。対処法を間違えると悪化する事もあるので自分の症状をまずは見定めましょう
右側だけが痛む腰痛の原因と解消法
腰の右側だけが痛いと言う症状の方はいませんか?片方だけの腰痛の原因として考えられる病気を知っておき早めの対策を取る事が病気の悪化を防ぎます
筋肉腰痛と神経性腰痛の違い
腰痛は引き起こす原因を見定める事で正しい治療法にたどり着く事が出来ます。大きな原因となる筋肉性の腰痛と神経性の腰痛についてまとめてみました