整体師さんに聞いた内臓性腰痛の特徴や症状

内臓性腰痛とは内臓の疾患が原因で感じられる腰痛です
普通の腰痛と思って湿布などを貼っていても原因は内臓の病気ですから治る事はありません

 

 

どんな痛み方なのか?
自分で判断できる方法はないのか?

 

 

長引く腰痛には内臓性の病気を抱えている可能性がありますが、焦らずにその特徴を理解して対処していきましょう

内臓性腰痛の原因

原因は様々ありますので以下に挙げる病名が全てではありませんが参考で挙げてみます

  1. 胃腸の疾患(胃がん、胃潰瘍、十二指腸潰瘍など)
  2. 血管の疾患(腹部大動脈瘤、大動脈解離)おなかの中心部には太い血管が通っています
  3. 膵臓の疾患(膵臓炎、膵臓がん)
  4. 肝臓の疾患(肝臓がん、肝炎)
  5. 胆嚢の疾患(胆嚢炎、胆石)
  6. 腎臓の疾患(腎結石、腎盂腎炎、尿管結石など)
  7. 腸の疾患(腸閉塞、腸重積)
  8. 婦人科系の疾患(子宮がん、子宮内膜症、子宮筋腫、生理など)
  9. 便秘や下痢

これらの内臓疾患が原因で初期症状として腰痛を感じる時があります
がんなどの重い病気の時は人によって感じ方が違うので必ず腰痛が出るわけではありません

 

 

これら内臓の疾患時は臓器のある位置に対して同じ側の腰に痛みが出ることが多いようですが、全体的、逆側という例もあるので絶対ではありません

内臓性腰痛の可能性が高い時はどのような時か?

内臓性腰痛の時は、痛み方がずっと一定でどんな体制をとっても痛みが変わらない時が多いようです
(ただ、腎臓結石が尿管結石になり結石の位置が体制で変わり痛みが変わる時もあります)

 

 

また、腰をかばいながら生活をしていても徐々に痛みがひどくなっていく時も筋肉以外が関係している可能性があるので、内臓性腰痛を疑った方がいいかもしれません

 

 

女性は生理痛と重なって必ず腰痛になってしまうのは体質として変えることが出来ないと思わないでください
痛みが無い状態が正常なのです

 

 

体質を変えるには、生活習慣を変えれば必ず治ります
もし、自分で何をやっても重い腰痛、生理痛が必ずある時は専門家(婦人科、治療院、パーソナルトレーナーなど)に相談してみると、自分の生活の改善点が見つかるかもしれません

他の内臓性腰痛の可能性が高い時は?

  1. 筋肉が原因の時と違い1週間程度たっても痛みの強さが全く変わらない
  2. 普通の腰痛は朝が一番痛い、仕事をしていると痛くなるなど1日で痛みが変わってくるけど、1日の変化がない
  3. 腰痛以外にも内臓性の症状が出ている(吐き気、熱、目まい、腹痛、急な便秘や下痢などです)
  4. 食事を取った後に痛みが強くなる

内臓性腰痛なのか?確認方法まとめ

今まで腰痛を経験したことがない人は前項目の@〜Cを参考にして、早めにまずは整形外科を受診するのがいいでしょう

 

 

過去に腰痛になった経験がある人は痛み方や強さ、どんな体制でどう痛いのか?
などを確認して今までとは違う時は内臓性腰痛を疑った方がいいでしょう

 

 

痛みが出る間隔なども参考になります
1週間ぐらいで痛みが引かない時には整形外科で一度レントゲンを受けるのがいいと思われます
病院で問診をしてその時にいつもと違う痛み方や普段の生活習慣(お酒をいっぱい飲む、タバコを吸う、既往歴など)を伝えておけば医師もそれを考慮して、検査をしてくれます

 

 

医師には出来るだけ詳しく伝えておけば細かく検査をしてくれますので、自分の腰痛の状態を知っておくことは大事です
もし、相談した医師が話を聞いてくれなかったり、診断がただの腰痛で薬、湿布などでも効果がなく痛みの変化がなかったら無理をせずにセカンドオピニオン(他の病院で相談)してより詳しい検査を自分からお願いした方がいいでしょう

 

 

内臓性腰痛の場合は発見が遅れると、命にかかわる病気もありますのであまり軽く考えない方がいいと思われます

関連ページ

整体やカイロプラクティックの腰痛改善効果
腰痛改善の為に整体やカイロプラクティックなどに通う方は多くいらっしゃいます。しかし、本当にそれらは腰痛解消に効果的なのでしょうか?
マットレスの変更は腰痛に効果なし?
腰痛解消ために高反発マットレスを使っているけど、なかなか効果を感じない…と言うのは何か理由があるのでしょうか?よくある理由をピックアップしてみました!
腰が痛すぎて目が覚める
腰痛がひどすぎて目が覚めてしまう…と言う程つらい腰痛。何がその腰痛を悪化させているのでしょうか?また解消するために為は具体的に何をすべきなのか?
腰痛がひどくてセックスが出来ない
腰痛がひどくてセックスが出来ない…そんな方もいらっしゃると思います。特に20代後半、30代と小作り世代に多い腰痛。腰痛の為のおすすめの方法とは?
腰痛の放置によって掛る疾病
たかが腰痛を思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、本気で改善しないとどうなるかご存知ですか?腰痛は病気の入り口になる症状ですので早めの対処が必要です
腰痛になりやすい仕事とは?
腰痛になりやすい仕事とは?現代社会に腰痛が多い理由は仕事にも原因があった?腰痛持ちが多い仕事対策と原因をお伝えします
背中の痛みに
寝ている時に圧力が集中しがちなのが腰だけでなく背中。起きた時に背中が痛い…と言う方にも高反発マットレスはおすすめ♪その理由とは?
不眠の原因はマットレス?
なんだか最近ちゃんと眠れない…色々熟睡できる様に試しているけど、効果が無い…と言う方はマットレスが原因で不眠になっているかもしれません。不眠とマットレスの関係とは?
目覚めが悪い…
なんだか最近朝の目覚めが悪い…と言う方は寝具が合っていないのかもしれません。マットレスの見直しで睡眠の質を上げる方法をお伝えします
洗面台で顔を洗うのもつらい…
腰痛が慢性化して洗面台で顔を洗うのもつらい…特に朝は腰痛がひどくて鈍痛が続く方は多いと思います。そんな悩みの方におすすめの腰痛対策をお伝えします
ぎっくり腰が慢性化してつらい…
ぎっくり腰が慢性化してつらい…ちょっとした腰の動きでもまたぎっくり腰が慢性化しないか気になると言う方はどうやってぎっくり腰を予防すればいいのでしょうか?
ジム通いでも腰痛が治らない
ジム通いをしても腰痛が治らないと言う方は少なくありませんが必ずしもジム通いをして腰痛が治るわけではなく、悪化する方もいます。ジム通いで腰痛が治らない原因とおすすめの腰痛対策をお伝えします
ずっと座ってられないほどの腰痛
腰痛がつらくてずっと座っているのもつらい…デスクワークで腰痛の方はこのような悩みを持っている方も多いと思います。慢性化した腰痛の改善策とは?
介護職の腰痛
介護職の腰痛持ちは死活問題です。仕事に支障が出るほどの腰痛はすぐにでも改善したい…腰痛症を短期的、長期的に改善する為の方法をお伝えします
トラック運転手の腰痛
トラック運転手は長時間の運転によって腰痛を引き起こしやすい状態にあり、悩んでいる方も多いと思います。トラックドライバーの為のおすすめ腰痛解消法をご紹介します
腰痛にロキソニンが効かない
腰痛がひどくてロキソニンやボルタレンなどの痛み止めを飲んでいるけど、効き目があまりない…と言う方は対処法を間違っているかもしれません。その理由と腰痛解消法をお伝えします
腰痛ブロック注射は痛い?
腰痛を短期間で改善する為にブロック注射を考えている方が気になるのがその痛みですよね…実際の管理人の体験談等を踏まえて正直にお答えします
腰痛で足がしびれる?
腰痛がひどくなって最近足のしびれを感じる…大丈夫かな…。腰痛による足のしびれの原因と治し方と予防法とは?足のしびれを感じたら、早めの対処が大切
タバコと腰痛
タバコは百害あって一利なしと言われるほど体に悪い物ですが、腰痛にも良くありません。慢性的な腰痛持ちの方はタバコを辞めると良くなるかもしれません
手術をしたら腰痛は完治する?
慢性的な腰痛に悩んでいる方や激しい痛みの腰痛を持っている方はいっそ手術で治そうか…と悩んでいる方もいると思います。ただ、一方で手術をしなくても腰痛は解消すると言われる事もありますよね。本当に手術をすれば腰痛は完治するのでしょうか?
アリナミンの腰痛効果
つらい疲れや腰痛に効果があるとされるアリナミン。アリナミンの口コミや副作用について調べてみました。
フォークリフトで腰痛…
仕事で毎日フォークリフトを運転される方は腰痛対策が必要です。フォークリフトでの腰痛の原因とおすすめの対策をまとめました
背中痛とマットレス
朝起きた時に背中が痛む原因とマットレスの関係とは?背中痛の原因は様々ですが、寝具があっていない事が大きな原因かもしれません
タクシードライバーの腰痛対策
長時間運転するとどうしても腰に負担が掛り、腰痛を引き起こしやすくなります。タクシー運転手の職業病とも言うべき腰痛の予防改善方法をご紹介します
反り腰の原因と対処法
腰痛には様々な痛みがありますが、反り腰に悩んでいる人も多いと思います。反り腰の原因と対処法についてまとめてみました
慢性腰痛と急性腰痛の違い
慢性的な腰痛と急性的な腰痛、それぞれの原因と対処法をお伝えします。対処法を間違えると悪化する事もあるので自分の症状をまずは見定めましょう
左側だけが痛む腰痛の原因と解消法
いつも左側の腰だけが痛む…と言う方の原因と解消法について現役整体師がまとめました。腰痛は原因を探る事が正しい対処法を施すために重要になります
右側だけが痛む腰痛の原因と解消法
腰の右側だけが痛いと言う症状の方はいませんか?片方だけの腰痛の原因として考えられる病気を知っておき早めの対策を取る事が病気の悪化を防ぎます
筋肉腰痛と神経性腰痛の違い
腰痛は引き起こす原因を見定める事で正しい治療法にたどり着く事が出来ます。大きな原因となる筋肉性の腰痛と神経性の腰痛についてまとめてみました