腰痛にロキソニンが効かない時の原因と腰の痛み対策

 

『ロキソニンを飲んでも腰の痛みが引かない…』
『腰痛でロキソニンが効かない時ってあるの?』

 

腰の痛みから逃れる為にボルタレンやロキソニンと言った痛み止めを飲んでいる方も多いと思いますが、全ての腰痛症にロキソニンが効くわけでは無い事はご存知でしょうか?
腰痛と一言で言ってもぎっくり腰の様な急性の腰痛やぎっくり腰や腰部脊柱管狭窄症などの慢性的な腰痛などたくさんの種類があります

 

ロキソニンは薬局でも購入する事が出来るようになり、常備していると言う方もいますが、胃痛などを引き起こす事もありますし、常用すると効き目が薄くなっていきます
するとより強い鎮痛剤が必要になってきて副作用の心配が大きくなってしまいます


ロキソニンが腰痛に効かない2つの原因

腰痛にロキソニンが効かない場合、考えられる事は大きく2つあります

薬の飲み過ぎ

ロキソニンなどの鎮痛剤は4時間〜6時間ほど間隔を置く必要があります
痛みが強い場合やロキソニンに依存してしまうと効き目が薄くなる事があります
ロキソニンなどの鎮痛剤を常用すると歯医者などの治療の際の麻酔の効きが悪くなる事もありますし、内臓に負担が掛ります
痛みを我慢するのはつらいのですが、徐々に鎮痛剤から離れられる治療法を実践していくことが重要になります

神経系の腰痛

ロキソニンは消炎鎮痛剤ですので、ぎっくり腰などの筋肉の炎症による腰痛であれば効果的ですが、ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症の様な神経系の痛みにはほとんど効果がありません
また、腰痛の原因の多くは不明な場合があり、ストレス性の腰痛もありますので、その場合もロキソニンの効き目が薄い可能性があります
今までロキソニンで痛みが和らいでいたけど、ある時を境に効かなくなったと感じる方は痛みを発している原因が違う可能性が高いと言えます

 

薬局などでロキソニンを購入して常用している方は特にですが、ぎっくり腰の様な急性の腰痛でなくても痛み止めが必要なほどの慢性的な腰痛の場合はまずは病院にいってレントゲンだけでなく、CTやMRIなどを受ける必要があります

 

ロキソニンを常用すると胃痛、発疹、肝障害などの副作用の危険性もありますので、痛んだらとりあえずロキソニンと言う考え方は良くありません

ロキソニンが効かない時に取る腰痛対策

ロキソニンが効かない時に取る腰痛対策は2つ

神経系の痛みに効く薬を処方してもらう

神経障害性疼痛(しんけいしょうがいとうつう)治療薬やオピオイドと言った炎症系ではなく、神経系の痛みを抑える薬は病院で処方してもらう事が出来ます
神経障害性疼痛(しんけいしょうがいとうつう)治療薬はプレガバリン(リリカ)、トラムセットなどが代表的でオピオイドは強オピオイドであるモルヒネ、フェンタニルや弱オピオイドであるトラマドール、コデインなどが代表的な薬となります
ロキソニンとは別の副作用などもありますので、しっかりと医師と相談して痛みがつらい時は処方してもらいましょう

薬以外の改善法をしっかりと実践する

日常生活を送る為にひどい痛みに鎮痛剤は必要ですが、鎮痛剤は痛みの根本を取っているわけでは無い事を忘れてはいけません
腰痛は慢性化しやすい為、根本的な治療にも根気がいる場合もありますが、あきらめずに日常生活で解消できる事を実践すれば改善に向かいます
寝具の見直し、ストレッチ、入浴、食生活の見直しによって腰痛が緩和、完治する事は珍しくありません
特に体に負担が掛る寝具は筋肉の炎症、神経系の腰痛を悪化させる可能性がありますので長い間寝具を見直していないと言う方は注意が必要です
(⇒腰痛対策マットレスの選び方7つのポイントとは?

 

 

ロキソニンは上手く使えば非常に役立つ薬ですが、依存したり使い方を間違うと余計に体に負担をかけてしまいます
腰痛を根本的に解決する事と痛み対策の両方の視点を持って根気強く腰痛対策を取って行きましょう^^

関連ページ

整体やカイロプラクティックの腰痛改善効果
腰痛改善の為に整体やカイロプラクティックなどに通う方は多くいらっしゃいます。しかし、本当にそれらは腰痛解消に効果的なのでしょうか?
マットレスの変更は腰痛に効果なし?
腰痛解消ために高反発マットレスを使っているけど、なかなか効果を感じない…と言うのは何か理由があるのでしょうか?よくある理由をピックアップしてみました!
腰が痛すぎて目が覚める
腰痛がひどすぎて目が覚めてしまう…と言う程つらい腰痛。何がその腰痛を悪化させているのでしょうか?また解消するために為は具体的に何をすべきなのか?
腰痛がひどくてセックスが出来ない
腰痛がひどくてセックスが出来ない…そんな方もいらっしゃると思います。特に20代後半、30代と小作り世代に多い腰痛。腰痛の為のおすすめの方法とは?
腰痛の放置によって掛る疾病
たかが腰痛を思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、本気で改善しないとどうなるかご存知ですか?腰痛は病気の入り口になる症状ですので早めの対処が必要です
腰痛になりやすい仕事とは?
腰痛になりやすい仕事とは?現代社会に腰痛が多い理由は仕事にも原因があった?腰痛持ちが多い仕事対策と原因をお伝えします
背中の痛みに
寝ている時に圧力が集中しがちなのが腰だけでなく背中。起きた時に背中が痛い…と言う方にも高反発マットレスはおすすめ♪その理由とは?
不眠の原因はマットレス?
なんだか最近ちゃんと眠れない…色々熟睡できる様に試しているけど、効果が無い…と言う方はマットレスが原因で不眠になっているかもしれません。不眠とマットレスの関係とは?
目覚めが悪い…
なんだか最近朝の目覚めが悪い…と言う方は寝具が合っていないのかもしれません。マットレスの見直しで睡眠の質を上げる方法をお伝えします
洗面台で顔を洗うのもつらい…
腰痛が慢性化して洗面台で顔を洗うのもつらい…特に朝は腰痛がひどくて鈍痛が続く方は多いと思います。そんな悩みの方におすすめの腰痛対策をお伝えします
ぎっくり腰が慢性化してつらい…
ぎっくり腰が慢性化してつらい…ちょっとした腰の動きでもまたぎっくり腰が慢性化しないか気になると言う方はどうやってぎっくり腰を予防すればいいのでしょうか?
ジム通いでも腰痛が治らない
ジム通いをしても腰痛が治らないと言う方は少なくありませんが必ずしもジム通いをして腰痛が治るわけではなく、悪化する方もいます。ジム通いで腰痛が治らない原因とおすすめの腰痛対策をお伝えします
ずっと座ってられないほどの腰痛
腰痛がつらくてずっと座っているのもつらい…デスクワークで腰痛の方はこのような悩みを持っている方も多いと思います。慢性化した腰痛の改善策とは?
介護職の腰痛
介護職の腰痛持ちは死活問題です。仕事に支障が出るほどの腰痛はすぐにでも改善したい…腰痛症を短期的、長期的に改善する為の方法をお伝えします
トラック運転手の腰痛
トラック運転手は長時間の運転によって腰痛を引き起こしやすい状態にあり、悩んでいる方も多いと思います。トラックドライバーの為のおすすめ腰痛解消法をご紹介します
腰痛ブロック注射は痛い?
腰痛を短期間で改善する為にブロック注射を考えている方が気になるのがその痛みですよね…実際の管理人の体験談等を踏まえて正直にお答えします
腰痛で足がしびれる?
腰痛がひどくなって最近足のしびれを感じる…大丈夫かな…。腰痛による足のしびれの原因と治し方と予防法とは?足のしびれを感じたら、早めの対処が大切
タバコと腰痛
タバコは百害あって一利なしと言われるほど体に悪い物ですが、腰痛にも良くありません。慢性的な腰痛持ちの方はタバコを辞めると良くなるかもしれません
手術をしたら腰痛は完治する?
慢性的な腰痛に悩んでいる方や激しい痛みの腰痛を持っている方はいっそ手術で治そうか…と悩んでいる方もいると思います。ただ、一方で手術をしなくても腰痛は解消すると言われる事もありますよね。本当に手術をすれば腰痛は完治するのでしょうか?
アリナミンの腰痛効果
つらい疲れや腰痛に効果があるとされるアリナミン。アリナミンの口コミや副作用について調べてみました。
フォークリフトで腰痛…
仕事で毎日フォークリフトを運転される方は腰痛対策が必要です。フォークリフトでの腰痛の原因とおすすめの対策をまとめました
背中痛とマットレス
朝起きた時に背中が痛む原因とマットレスの関係とは?背中痛の原因は様々ですが、寝具があっていない事が大きな原因かもしれません
タクシードライバーの腰痛対策
長時間運転するとどうしても腰に負担が掛り、腰痛を引き起こしやすくなります。タクシー運転手の職業病とも言うべき腰痛の予防改善方法をご紹介します
反り腰の原因と対処法
腰痛には様々な痛みがありますが、反り腰に悩んでいる人も多いと思います。反り腰の原因と対処法についてまとめてみました
内臓性腰痛かを確認したい
腰痛の原因の多くは筋肉疲労や神経の痛みですが、内臓の病気が原因で腰痛になっている場合もあります。早めの対処が出来る様に通常の腰痛との違いを把握しておきましょう
慢性腰痛と急性腰痛の違い
慢性的な腰痛と急性的な腰痛、それぞれの原因と対処法をお伝えします。対処法を間違えると悪化する事もあるので自分の症状をまずは見定めましょう
左側だけが痛む腰痛の原因と解消法
いつも左側の腰だけが痛む…と言う方の原因と解消法について現役整体師がまとめました。腰痛は原因を探る事が正しい対処法を施すために重要になります
右側だけが痛む腰痛の原因と解消法
腰の右側だけが痛いと言う症状の方はいませんか?片方だけの腰痛の原因として考えられる病気を知っておき早めの対策を取る事が病気の悪化を防ぎます
筋肉腰痛と神経性腰痛の違い
腰痛は引き起こす原因を見定める事で正しい治療法にたどり着く事が出来ます。大きな原因となる筋肉性の腰痛と神経性の腰痛についてまとめてみました