39デザインマットレスは腰痛持ちにおすすめできる?

39デザインマットレス,腰痛解消,効果,口コミ

 

39デザインマットレスは株式会社ユーズドステーションから販売されており、2016年の3月からブランドサイトと楽天サイトで取り扱っています

  • 仕事が忙しくて毎日の眠りで疲れを取り除くことができない
  • 眠りが浅くて朝起きることができない
  • 寝起きの倦怠感やグッタリ感といった症状で悩んでいる
  • 立ちっぱなしや座りっぱなしの毎日で身体が重い

39デザインマットレスはこれらの悩みを解決するために作られました
一般的な高反発マットレスや低反発マットレスとは異なり、疲れを取り除くために触り心地や気持ち良さを追求しています


39デザインマットレスの特徴は?どんなメリットがある?

 

以下では、39デザインマットレスがどのような製品なのか詳しく知るために、他のマットレスとは異なる特徴をまとめてみました
39デザインマットレスを使って眠ることにより、どんなメリットがあるのか見ていきましょう

 

触り心地に焦点を当てて寝心地を良くしている

寝心地の悪いベッドやマットレス、枕を使って眠っていると様々な弊害があります

  • 眠りが浅くなって寝起きに疲れが残る
  • 寝付きが悪くなって睡眠時間が減少する
  • 一度寝付いても夜中に目覚めてしまう

そこで、39デザインマットレスは触り心地に焦点を当てて開発し、寝心地を良くするために人肌感触が最も良いと考えました

 

『身体に合うのか?』
『身体に合わないのか?』
という感覚の良さを大切にした結果人肌感触が生まれ
『母親に抱っこされた赤ちゃんはスヤスヤと気持ち良さそうに眠る』
という関係をヒントに作っています

 

  • 滑らか
  • 柔らかい
  • 程良い弾力

ママの二の腕や胸の感触を目指して上記の3つの素材を開発し、スムーズな入眠を促してくれるのです

 

睡眠中に加わる身体の負担を軽減できる

理想的な睡眠姿勢は立った時と同じように、自然なS字カーブを描いた状態となります

 

  • 直立した状態は背骨が緩やかなS字カーブとなる
  • 背骨には身体を司る数多くの神経が集まっている
  • 人生の約3分の1は寝ているので正しい寝姿勢を維持するのは大事

 

こういった考え方でマットレスを作っているメーカーは多く、株式会社ユーズドステーションの39デザインマットレスはその一つです
身体の一部分に負担をかけすぎない構成で自然で無理のない曲線を描くことができ、目が覚めてからスっと起き上がることができます

 

39デザインマットレスは体圧分散性に優れていますし、身体が沈み込まず上手くフィットするので腰痛や肩こりといった痛みの症状で悩む高齢者にもピッタリだと言えるでしょう

 

4種類のサイズの中からお好きなものを選択できる

39デザインマットレスは様々な体型の人が眠れるように、以下の4種類のサイズが用意されていてお好きなものを選択して購入できます

 

  • シングル(厚さ:5.5p×幅:97p×長さ:200p):32,000円
  • セミダブル(厚さ:5.5p×幅:120p×長さ:200p):37,000円
  • ダブル(厚さ:5.5p×幅:140p×長さ:200p):42,000円
  • クイーン(厚さ:5.5p×幅:160p×長さ:200p):47,000円

 

マットレスの中には10万円を軽く超える製品はありますし、品質に拘っていながら上記の価格なので39デザインマットレスはコスパが良いと言えるでしょう
マットレスと頸部に形成される隙間を埋めるウェイブタイプや低めが好きな人にピッタリのフラットタイプの枕もあり、快眠を得るためにはピローも大事な存在です

39デザインマットレスのデメリットは?

 

睡眠の悩みを抱えている方や腰痛の症状を訴えている高齢者のために、39デザインマットレスは作られています
しかし、そんな39デザインマットレスにも幾つかのデメリットがあり、購入するために一度確認しておいてください

  • 高反発のマットレスではないので個人の体重によっては沈み込みすぎる
  • あくまでも寝心地の良さを意識して作っているので腰痛持ちにベストな製品ではない
  • シングルは32,000円、セミダブルは37,000円と安いが39デザインピローは12,000円とコスパが良くない
  • 寝返りのしやすさが仇となって人によっては逆に熟睡できなくなる
  • マットレスシーツが付いていないので持っていない人は購入しなければならない

中でも、体重が重い男性が39デザインマットレスを使って眠ると、身体が沈み込みやすくなるので注意しなければなりません

 

『身体が沈み込むので寝心地は良くない』
『値段ほどの価値があるとは思わない』
といった評判がされており、理想的な沈み込み量の2cm〜3cmをキープできないことがあります

 

また、39デザインマットレスは耐久性の高い素材を使っているわけではなく、使い方やお手入れの方法によってはへたりやすいので注意が必要です

39デザインマットレスとモットンの比較

 

39デザインマットレスの類似品としてモットンが挙げられ、こちらもネット通販で人気を得ていてお客様満足度は94.2%を超えています
2つの製品を比較してみて、値段に関してはほとんど一緒でした

  • 39デザインマットレス⇒シングルサイズで32,000円
  • モットン⇒シングルサイズで39,800円

モットンの方が7,800円高いものの、以下のように39デザインマットレスにはない特徴を持っています

 

  • 腰痛の症状で悩む方の対策マットレスとして開発されている
  • 日本人の体型に合わせて設計されている
  • 高反発マットレスなので睡眠中に身体が沈み込まずに済む
  • 体圧分散に優れていて寝返りの少なさや多さの両方を解消できる
  • NASA(航空宇宙局)が開発したウレタンフォームを使っている
  • 10万人のお客様が愛用しているほどの実績を持つ

マットレスとしての品質だけではなく、販売実績や知名度でもモットンの方が遥かに上なのです

 

39デザインマットレスもモットンも90日間の返金保証制度が用意されていますが、モットンがサービスに関する詳細を詳しく記載しているのに対して39デザインマットレスの公式サイトではほとんど説明されていないので注意しましょう

39デザインマットレスの口コミ情報をチェック!

 

以下では39デザインマットレスがどのような口コミの評判を得ているのかまとめてみました

  • 身体に馴染むようなプニプニとした感覚はそれなりに気に入っています
  • スムーズに寝付けるようになったので助かっています
  • 今まで使っていた敷布団へと敷くだけなので簡単です
  • 寝心地は良くても残念ながら腰痛の痛みには変化がありません
  • 通気性はそこまで良くないので夏場は蒸れやすい気がします
  • 39デザインマットレスに横になると包まれているような感じになります
  • 柔らかい割にはフニャフニャではないので初日から爆睡です
  • 他のマットレスと違って保証期間が1年間と短い点が不安
  • 横向きでも仰向けでも自分の好きな姿勢でしっかりと眠れます

39デザインマットレスは腰痛持ちにおすすめできる?

 

39デザインマットレスは体圧分散を考えて作られているので、腰痛持ちの方でも使うことができます

  • 寝ている時に身体の一点に負担が加わらない
  • 不必要に身体が沈み込んで無理な体勢にならない
  • 身体のフィット感に拘っている

上記の特徴を持つマットレスで、『腰痛や肩こりの痛みが大分楽になった』と口コミを残している方はいました

 

しかし、残念ながら39デザインマットレスは腰痛対策として作られた製品ではありません
凸凹素材のスキンタッチで寝心地の良さを追求しているだけですし、個人の体重によっては沈み込むことがあるので腰痛持ちの方は高反発のマットレスを選んでください