イオンの高反発マットレスの種類と品質はどうだった?

イオンマットレス

(写真は和歌山のイオン大型店です)

 

 

日本中で店舗を展開するイオンは食料品、洋服、日用雑貨、携帯電話など様々な商品が揃っていて私もたびたび利用します^^

 

 

そんなをイオンでマットレスを考えている方も多いのではないでしょうか?
イオンの寝具売り場にはマットレス、ベッド、枕など一式揃っていて、イオンオリジナルブランド以外にも寝具メーカーの物が揃っていますよね

 

 

私の様に腰痛持ちの人間からすると腰に優しいマットレスを使用する事が腰痛解消には重要なんですよね
そこで、腰痛持ちの方にとって本当に良い高反発マットレスがイオンにあるのかどうかをリサーチしてみました♪


イオンの高反発マットレスの種類

イオン寝具売り場

 

全てのイオンが同じかどうかは分かりませんが、広いイオンさんの中の寝具売り場はオリジナルブランドを扱っている場所にあります

 

 

イオンには多くの寝具が販売されており、敷布団、マットレス、重ねて使用するマットレス、三つ折り型、ベッドフレームなどなど
ほとんどの人の目的に合わせたマットレスを取り扱っているところはさすが♪と言った感じですね

 

 

高反発マットレスブランドとして定評があるマイフレックス、マニフレックスの姉妹メーカーのドルミールや西川産業関連会社の西川リビングさんの商品の取り扱いもありますので、イオンの安価なマットレス以外にも高級志向の方の為のマットレスも用意されています

 

 

また、正直マットレスなんて何でもOK♪と言う方の為にニトリにある様な安価なタイプの低反発マットレスなどもあります

 

 

今回は腰痛解消の為や高反発マットレスを探している私の目線でイオンさんのマットレスをリサーチしていますので高反発まタイプのマットレスだけに絞って見に行きました

イオン寝具売り場

後、低反発マットレスや普通の敷布団以外にも三つ折りタイプの高反発マットレスも人気がありますが、三つ折りのマットレスは収納に便利なのですが、耐久性や体圧分散に不安が残るのでこちらも除外したいと思います
(⇒三つ折りマットレスについてはコチラの記事です

イオンの寝具売り場は三つ折りタイプ押し??

イオンマニフレックス

イオンドルミール

 

一応、マニフレックスとドルミールの三つ折りタイプのマットレスも寝てみたのですが、硬さ的には好みですがどうしても隙間が気になります
寝る時に姿勢を変えると隙間が大きくなる感じがして個人的には嫌なんですよね…

 

 

あと、耐久性や体圧分散的にも同じ品質の素材であれば、やはり一枚物の方が良いと思います

腰痛解消の為のマットレスの条件

腰痛解消の為のマットレス選びの際に気を付けたいポイントは大きく3つあります

  1. 高反発
  2. 体圧分散に優れている
  3. 耐久性が高い(密度が高い)

である事
(詳細は⇒腰痛解消におすすめのマットレスの条件とは?

イオンさんで一枚物で反発力が強く人気のマットレス

低反発マットレス、三つ折りタイプ等を除外して上記の条件に当てはまるマットレスをイオンさんで探すと、残ってくるのが

【ドルミールプレミアムフトン】

【シングルサイズ】
幅97×奥行195×厚さ8cm
本体価格:18,334円(税込価格:19,800円)

マニフレックスの姉妹ブランドのドルミールの日本向けマットレスであるプレミアムフトン
実際に寝てみるとマットレスと言うよりもホントに布団の様な感じでかなり硬めの印象で、反発力は正直あまり感じませんね、

 

 

普段、フトンを使っていると言う方は自然に取り入れる事が出来るのが売りなんだと思いますが、腰を支えてくれる感じはありません

ドルミールプレミアムフトン

 

 

昔はずっと布団派だったので寝心地は嫌いじゃないのですが、腰痛解消の為となるともう少し反発力や体にフィットする感覚が欲しいですね
ただ、3年保証がついているのでコスパはそこまで悪くないと思います

【通気が良く体圧分散性のある敷ふとん兼用マットレス(かため)】

【シングルサイズ】
幅98×奥行196×高さ7cm
本体価格:19,800円(税込価格:21,384円)

こちらのタイプは私が言ったイオンには試し寝が出来るスペースがありませんでしたが、体圧分散が出来る様に凸凹の形状になったウレタンフォームの様ですね

 

 

あと、東洋紡さんが開発し多くのメーカーの寝具やクッションに使用されている素材の【ブレスエアー】製のマットレスもあります
ブレスエアーの売りは通気性の良さにありますので特に夏場は涼しく過ごす事が出来ます

イオンブレスエアー

イオンの高反発マットレスを一通り体験して

イオンの高反発マットレスの価格帯としては安めの価格設定になっていますね

 

 

実際に寝てみると、寝心地に関しては有名ブランドのマットレスとの違いはパッと寝てみるだけではそこまで違いが無い気がします
まぁ良いマットレスかどうかは最低でも一ヶ月くらいは使ってみないとわらかない物ですが…寝心地と言う部分では十分だと感じました

 

 

ただ、気になるのがイオンさんの上記のマットレスの商品ページには密度(s/m3)や反発力(N)などの記載が無い事です

 

 

密度は耐久性、反発力の記載に関しては腰痛解消の為に必須の要素ですので、その記載が無いとそもそも判断しようがありません
ネットショップにも記載が無く多分質問すれば答えが帰ってくるのかもしれませんが、私個人的な感想としては一番大切な部分を記載していことへの不安が大きいと言うのが正直な所です

 

 

腰痛改善の為に高反発マットレスを探されている方は密度、反発力、体圧分散が良い事が大切なのは知っていますし、調べればすぐに分かります
その辺は記載が無くても記載しておいて欲しいと思いますし、実際に腰痛解消の為に選ばれているマットレスには記載があります

 

 

つまり、イオンさんの高反発マットレスは腰痛改善の為にマットレスを探している方をあまり対象としていないんだと思います
(決してイオンさんのマットレスが悪いとか言いたいのではなくて腰痛解消を第一に考えた場合の話です)

 

 

また、気になるのが耐久性
安価なマットレスは耐久性が低いため、結局品質の良いマットレスを購入した方がお得だと言う事はご存知の方も多いと思います
通常耐久性と言うのはウレタンの密度などから判断するのですが、私が調べた限りでは密度の記載もありませんでした
耐久年数があまりに短いといつの間にかマットレスがヘタってしまって腰に負担をかける場合がありますのである程度(5年〜10年)耐久年数がある方が安心と言えます

 

 

イオンさんオリジナルブランドのトップバリューの商品には保証がありませんが、ドルミール社の上記のマットレスには三年保証がついていますね
保証の度合いにもよりますが、まずブランド側は耐久年数は3年以上は持つと言う自信があるわけです

 

 

他の高級マットレスには最大12年保証がありますが、その分お値段はイオン価格ではなくなります(5万円前後)
『本気で腰痛解消のマットレスを選ぶとイオンさんでもコスパは普通』
と言うのは今回のリサーチでの私の本音です


腰痛マットレスでまず初めに使って欲しいのはモットン

モットンマットレス

 

イオンのマットレスの口コミやSNSの情報を洗いざらい見てみても腰痛解消の為に購入している方は少ないようですし、購入されているの感想は腰痛改善には至らなかったと言う意見もちらほらあります
腰痛解消=高反発であればなんでも良いと言う事ではありませんので、しっかりと密度、体圧分散、反発力などの基準を持っておかなければ安物買いの銭失いになりかねません

 

 

やはり、腰痛解消を目的にするのであれば耐久年数が10年〜15年のモットンなど腰痛解消に定評があるブランドがおすすめです
モットンは全額返金制度もあり、しっかりと体に合っているかどうかを確かめる事が出来るのでその辺も魅力的です

 

 

ただ、悩むほどではない腰痛を持つの方であればイオンさんの方がお得感を感じるかもしれません
私の様に本気で腰痛を解消していきたいと考えるのであれば総合的にイオンさんの高反発マットレスは止めておいた方が無難と言えます