不眠の原因はマットレス?一向に改善されない不眠の理由とは?

 

成人の5人に1人は不眠症にかかっていると言われ、もはや国民病と言うべき不眠症などの悩み
程度に差はありますが、しっかり眠る事が出来ないと日中の集中力低下だけでなく、免疫力低下などから病気にかかりやすい体質になる事もあります
また、不眠によるストレスでうつ病になってしまったり、深夜の食事が増えて(眠る為に食べるなど)肥満につながる事もあります
現代人はスマホやPCなどの電子機器が身近にあり就寝直前まで見ている事で睡眠に入りにくくなっている事も不眠症で悩む方を増やしている原因だと言われています

 

 

睡眠サプリを使用したけど効果が無かったり、照明を変えたり、アロマを変えたりと不眠を改善すると言われている方法はたくさんあります
最終的には睡眠薬がありますが、出来るだけ薬は使用せずに自力で熟睡できる環境を作りたいと思っている方は多いですよね
絶対に熟睡したい時にたまに睡眠薬を使用するならまだしも依存するようになると副作用も心配です…

 

 

『色々不眠を改善する方法を試したけど、効果的だと感じた物は少ない…』
と感じている方にお伝えしたいのは寝具をしっかりと見直したかどうか?と言う事です

 

 

不眠の原因にもよりますが、実はマットレスを改善しただけで不眠が改善されたと言う方は少なくありません
特に寝ている途中でよく目が覚めると言う方や朝起きた時に体が痛いと感じる方はマットレスが原因で不眠に陥っている高いんです

 

不眠の主な原因とは?

不眠の原因は様々で大きく分けると5つに分類されます

身体的要因

体の傷や腰痛、湿疹やじんましん、喘息などの疾患による不眠

生理学的要因

時差ボケや不規則な生活によって体内時計などが狂い起きる不眠
現代ではスマホのブルーライトの影響などで脳が昼間と勘違いする事も原因とされています

心理的要因

様々なストレスによって引き起こされる不眠で仕事や家族関係によるものが多い

精神医学的要因

不安やうつ病などによって起きる不眠

薬理学的要因

アルコール、カフェイン、ニコチンや抗がん剤などの薬の副作用で不眠になる事があります

まずは上記に挙げた不眠の原因のどれに自分が当てはまるか?を考える事が大切です
不眠の原因がある程度つかめればそれに応じた対策を取る事が出来ます

 

 

ただ、応じた対策を取っていたり、上記に心当たりがない方はマットレスが原因で不眠になっている場合があるんです


体に合っていないマットレスは不眠を引き起こす?

 

『マットレスなんて何でも一緒』
『寝心地が良いから低反発マットレスを愛用している』
と言う方は特にマットレスが原因で不眠になっている可能性があります

 

 

なぜなら、睡眠時の姿勢が崩れる事によって腰や背中に負担が掛り休んでいるにも関わらず体に負担をかけている場合があるからです
人間の本来の正しい姿勢は背骨がS字カーブを描くようになっていますが、睡眠時に柔らかすぎるマットレスを使ったり、逆に硬すぎるマットレスを使用するとその姿勢が崩れて寝ている間に負担が掛るからです
後は薄すぎるマットレスなども底付き感がありますので良くありませんね…

不眠を改善するマットレスは高反発、耐久性が良い、体圧分散に優れている事

不眠を解消する為に最もおすすめのマットレスの条件は
・高反発(S字カーブを保つ)
・耐久性が良い(ヘタりが早いと知らない間に体に負担をかける)
・体圧分散に優れている(寝ている時に腰や背中などに集中している圧力を分散する)
の3つが条件です

 

 

高反発マットレスであれば何でもいいと言うわけではなく、質の良い高反発マットレスが不眠の改善に効果的と言う事です
腰痛改善や不眠に♪高反発マットレスの選び方とおすすめマットレスの詳細へ

 

 

人は一生の3分の1を寝具の上で過ごします
不眠に悩んでいる方は一度本気でマットレスを見直してみてはいかがでしょうか