ジム通いでも腰痛が治らない原因と腰痛解消法とは

 

『ジムに通ってるけど、全然腰痛が改善しない』
『ヘタに鍛えたら、逆に腰痛が悪化した…』

腰痛の改善方法はたくさんありますが、その中でもジム通いによって腰痛を解消しようと考えている方は多いと思います
体を動かすとダイエットにもなるし、筋力アップが腰痛改善に効果があると考えての事だと思います

 

 

ただ、ジムにしばらく通っていても腰痛が一向に良くならないばかりか悪化した様に感じている方は少なくありません
ジム通いでも腰痛が治らない原因はどこにあるのでしょうか?

ジム通いで腰痛が改善されない2つの理由

鍛え方が間違っている

そもそもの問題ですが、鍛え方が間違っている事はジム通いの腰痛悪化の理由で最も多くあります
ジムのトレーナーの言うとおりにしていても一向に良くならないと言う方もいると思いますが、最近流行りのパーソナルトレーナーの方は鍛える事に対してはプロですが、腰痛を治すと言う事に関しては素人同然の方が多いのが現状です
腰痛症とはぎっくり腰などの急性の物から慢性化した腰痛、坐骨神経痛、脊柱管狭窄症等非常に多くの症状があります
脊柱管狭窄症などは腰痛改善に効果があると言われる腹筋などは逆効果になる事もあり、腰痛と一言で言っても鍛え方が間違っていると逆効果になる事があります

 

まずは、病院で症状を見てもらって症状を特定する事から正しく鍛える方法が分かってきます
ジムの腰痛改善コースの多くはそこまで細分化してみてもらえるところは多くありませんし、高い知識と実績を持ったトレーナーはそう多くありません
管理人の経験談からすれば会員さんの方が知識が豊富で体も出来上がっている事も多くジムのトレーナーだからと言って必ずしも信用できるわけでは無いと頭に入れておきましょう

 

せめて、自分の症状の詳細を伝えられるようになってからジムに通うようにしましょう

腰痛の原因が精神的なストレスなどから来ている場合

腰痛の原因は様々で中には心因性のストレスが原因で腰痛が悪化したり発症する方もいます
現代社会には腰痛改善の情報も溢れており、無理やりジムに通って腰痛を改善しようとしている方もいますが、逆にジム通いがストレス(金銭面、運動が苦手など)になっている方も多く、腰痛を悪化させている場合もあります

 

ストレスで腰痛が悪化する原因はまだ完全には解明されていませんが、脳のメカニズムで痛みをコントロールしているドーパミンシステムが乱れる事によって腰痛が悪化すると言われています
ドーパミンは脳内で分泌される物質で痛みを抑制する作用があります
ただ、強いストレスがかかるとドーパミンシステムが乱れやすくなり、痛みが増幅してしまうと言うわけです

 

他にもストレスが自律神経の乱れや血行不良を引き起こし筋肉に悪い影響を与えている事も腰痛を悪化させる原因になっていると言われています
やみくもにジム通いをして腰痛が悪化していると言う方はそれ自体が大きなストレスになっていませんか?
もちろん、自分への言い訳にしてはいけませんが(笑)しばらくジム通いをしても腰痛が改善されない場合は他の方法を探す頭も持っておきたいところです

 

ジム通いをしていて一向に腰痛が改善されないと言う方は上記の2つが原因かもしれません

ジム通い、運動以外に腰痛を改善させる方法とは?

ジム通いで腰痛が悪化したと言う方にお伝えしたいのはまずは筋肉疲労を溜めこまない生活習慣を遅れているか?と言う事
仕事などで忙しい毎日の中でジム通いがなかなかできないと言う方や運動嫌いと言う方にとってはお金を払ってまでのジム通いは苦痛に感じる事も多いと思います

 

 

まずは日常生活で受ける筋肉疲労やストレスを解消する事が大切でそれだけで腰痛症が緩和、改善される場合も多くあります
私の友人もストレスに感じていたジム通いを止めて評判の良い整体の先生に自宅で出来る簡単なストレッチや自宅両方の支持を貰ったら改善したという人もいます

 

 

腰に負担を掛けない生活習慣とは
・マットレスなどの寝具の見直し(⇒腰痛マットレスの条件はこちらの記事です)
・栄養バランスの摂れた食事(食生活の乱れは血行不良や筋肉疲労の原因に)
・睡眠をしっかりとる事
・腰への負担が少ない姿勢を知る
などです

 

 

腰痛の改善方法は一つではありません
まずは原因を探って、負担を掛けない事と改善させる事の2つの視点で腰痛改善を図りましょう^^