セックスできないほどの腰痛はEDなどの原因にもなる?

エッチが出来ないほどの腰痛

 

『腰痛がひどくてセックスが出来ない』
『腰が痛くなるかもと考えると、自身が持てない』
『エッチが腰痛で面倒に感じる…』

と言う方は20代後半、30代以降の男性でも増えています
また、精力はあるけど腰痛に悩まされている中高年の方にとっても深刻な悩みですよね…

 

 

現代社会では長時間のデスクワークなども増え、食生活の乱れやストレスも重なり腰痛の原因が多くあります

 

 

年間1,000万人以上の方が腰痛症に悩んでいると言われ、いざと言うときに腰痛がひどいと情けない気持ち、女性に申し訳ない気持ちが出てしまってトラウマになる方もいらっしゃいます
また、腰痛はそれ自体がセックスの妨げになるばかりかED(男性機能低下)の原因になる事もあるんです


腰痛が原因でEDになる??

EDで悩む男性

 

腰の痛みでセックスが出来ない場合もありますが、慢性的な腰痛はED(勃起不全)を引き起こす可能性があり、痛みを放置せずに程度が低くてもしっかりケアする事がED予防対策にもなります

 

 

EDの主な原因は

  • 病気の影響
  • ストレス
  • 加齢によるテストステロン(男性ホルモンの95%を占めている)の減少
  • 食生活や生活習慣の乱れ
  • 血行不良によって海綿体細胞(ペニスの大部分を占める細胞)に血液が流れにくくなる

などがあります

 

 

ED程度には個人差があり、たまにセックスに支障が出る場合から常にセックスが出来ない重度の物まであり、打ち明けにくい悩みですが多くの成人男性の悩みになっています

なぜ腰痛のせいでEDになる?

腰痛が原因でEDを引き起こす理由は3つ

ストレスによる心因性ED

EDの原因の中でも特に多いのが心因性のEDです
男性が勃起する時、まず脳で性的刺激を得て、男性ホルモンの分泌、海綿体細胞への血液の流れなどを経ています
まず脳が性的刺激をしっかりと受ける事が必要なのですが、腰痛によるセックスのトラウマなどが原因で慢性化すると気持ちが消極的になってしまいます

神経の圧迫

腰には様々な神経が通っており生殖器への神経も含まれています
前立腺肥大、精力減退、EDなどは腰痛による神経の圧迫などで影響が出る事もあると言われているんです

血行不良

腰痛持ちの方の共通点の一つが血行不良
血液の流れが悪くなると筋肉が凝り固まり慢性的な腰痛につながります
血行不良になるとペニスへの血液も十分に流れにくくなり、十分な勃起が出来ない場合があります


セックスが出来ないほどの腰痛を解消する4つのポイント

EDを治した男性

 

腰痛がひどくてセックスが出来ないと言う方、特に若い方はそのまま放置すると子孫繁栄に非常に大きな悪影響を与えてしまいます
また、性生活は人として生きる上で活力源になり充実した毎日を送るためには欠かせません

 

 

世の中には腰痛が原因で性生活が上手くいかない人はたくさんいますが、腰痛をしっかり改善して再び充実した性生活を取り戻している方もたくさんいます
腰痛の原因が病気からくるものでない限り、日々の努力や生活習慣の改善によって腰痛は改善する事が出来るんです

寝具の見直し

腰痛改善の為にまず取り組みたいのが寝具の見直し
人間の人生の3分の1は寝具の上で過ごすと言われており、寝ている間に腰回りの筋肉を休めて上げる事が腰痛改善の近道です

 

他の方法でどれだけ腰痛を改善しようと思っても就寝中の数時間の間に腰に負担を与えてしまっては努力が水の泡になりますよね

 

腰に負担をかけやすい寝具の特徴は低反発など柔らかすぎたり、体圧分散が悪いなどです
一見低反発マットレスなどは寝心地が良く、腰にも良さそうに思えますが、特に体重が重い男性は腰が沈み込んでしまうので腰を中心に圧力がかかってしまいます

 

腰痛改善には高反発マットレスで体圧がしっかり分散されているタイプのマットレスがお勧め
マットレスを変えただけで腰痛が改善されたと言う方は多くいます
腰痛改善に特化した高反発マットレスもありますので一度寝具の事を本気で考えてはいかがでしょうか?

ストレッチ

腰回りの筋肉が凝り固まってしまう事で腰に負担が掛って神経を傷つける可能性があります
腰痛改善にはストレッチが効果的なのはご存知の方も多いかもしれませんが、独学ではなくて一度は整体、ジムの腰痛改善コースなどを受講してお家でも出来る方法をマスターしてから習慣にしましょう

 

間違ったストレッチは腰痛を悪化させる可能性があります

姿勢

姿勢一つで腰への負担は大きく変わります
例えば体重70sの方の場合、姿勢よくまっすぐ立っている状態では腰への負担は100sほどの負担が掛るとされますが、お辞儀などの姿勢で前かがみでは150sの負担が掛ると言われます

 

姿勢が猫背で前かがみの方は姿勢が良い人に比べると毎日腰への負担が大きくなってしまいます
普段の自分の姿勢を見直して日常生活の腰への負担を軽減しましょう

食事の見直し

特に中高年の世代の腰痛に当てはまる事なのですが、骨の強度が落ちる事で腰痛が悪化する場合があります
骨粗しょう症は腰痛の原因の中でも珍しい物ではないんです

 

また、腰痛などの痛みで食欲が低下して精力増進に必要な栄養素などが不足する事で勃起力が低下する原因になります
腰痛に良い栄養素は骨を丈夫にするカルシウム、タンパク質、カルシウムの吸収率を促進するビタミンDやカルシウムと同時に摂取する事で骨をより強くする働きがあるマグネシウムなどが特に必要になります

 

また、男性機能向上に効果的なセックスミネラルと呼ばれる亜鉛やセレン、シトルリンなどは特に男性にとって必要な栄養素

 

慢性的な腰痛などは病院に行っても根本的な解決にならない事もあります(腰痛の原因の3分の2は原因不明と言われます)
自身の日々の努力によって腰痛は改善できますので健康のためにも性生活の為にも少しずつ変えていけるところは変えたいものですね^^